引きこもり生活の現実

ipad-820272_960_720

引きこもり生活も悪くない

引きこもりというと、「人生の敗者」というネガティブなイメージを持たれがちかもしれない。

しかし実際引きこもり生活は、多くの人が思っているより悪くないものだと思う。

・朝早く起きる必要がない
・満員電車に乗る必要もない。
・夏の暑い日はクーラーの効いた部屋で1日中のんびりできる。
・冬の寒い日はコタツの中でボーっと漫画を読んでられる。
・人付き合いで悩むこともない

好きなときに好きなことができる引きこもり生活こそ、僕の求めるものだったし、今の生活には満足している。

もはや、毎朝決まった時間に起きて職場に向かうような生活はできる気がしない。

僕の引きこもりの生活の流れ

午前11時起床。朝食は冷蔵庫の中のものを適当にむさぼる。

その後メールチェック。楽天などで注文が入っていれば発送手続きをする。

昨日に売れた商品ををエクセルにまとめて利益を算出。

これでとりあえず仕事終わり。12時ぐらいからは自由。

しかし特にやりたいこともないので、適当にネットサーフィンしたりアニメ見たりする。

気付いたら夕方になっているので、また1日を無駄にしてしまったと後悔する。

この時間帯から「何かしなくちゃ欲求」が湧いてくるので、仕入れや経理処理に時間を使うことが多い。

19時に夕食。

夕食後はまたネットサーフィン。やる気があれば仕事をすることもある。

22時ごろに風呂に入る。

24時ごろにベッドの中に入って漫画を読み始める。午前2時ごろに就寝。

日によって違いはあるけど、僕の生活は大まかにはこんな感じ。

労働時間は1日30分~5時間ほどと、その日の気分によって大きく変わってくる。

今のところ、絶対にやらなければならない仕事は少ないので、サボりたい日は存分にサボれる。

また、引きこもり生活は体に悪いことは明らかなため、週1回は外に出て散歩をするようにはしている。

外出はそのぐらいで、後はずっと家の中に引きこもって生活している。

家族とはほとんど会話をしないが、別に仲が悪いわけでも険悪な雰囲気が漂っているわけでもない。

もともと会話の少ない家族なのだ。

引きこもり生活の悩み

ストレスがあまりないこと

やっぱり人生に適度なストレスは必要だと思う。

人は、自分を縛るものから解放されたときに幸せを感じられる。

夏休みが嬉しいのは、学校や職場という縛りから解放されるからだ。

今の僕みたいに毎日が休みみたいな生活だと、休めるということに何の幸せも感じられなくなる。

それが当たり前になってしまってるからだ。

なのでたとえ引きこもりであっても、生活に何かしらの「縛り」を設けるべきだと思う。

例えば僕の場合、週1回は無理矢理にでも外に出るようにしている。

この縛りのおかげで、引きこもり生活によりありがたみを感じられるようになるはずが、縛りが緩すぎるためか今のところあまり効果は感じられていない。

近所の目

引きこもりは自意識過剰な人が多いと思うので、近所の目が気になるのは当然のこと。

僕も外に出るときは、近所の人に見られていないかを常に警戒しながら歩いている。

散歩ルートも、人があまり通らない道を選ぶようにしている。

知ってる人とすれ違ってもちゃんと挨拶できる自信がないし、「○○さんの息子さんって気持ち悪いよね」という噂が広がってしまうのではないかとすごく心配になってくる。

引きこもり生活で失ったもの

髪の毛

正直、僕は25歳とは思えないほど髪が薄い。

父がハゲているので遺伝もあるだろうが、大学入って引きこもりだしてから一気に薄くなりだしたので、引きこもりの影響も大きいと思う。

それでもまだ2年ぐらい前までは、セット次第で誤魔化せるレベルだった。

今は誰がどう見ても薄毛である。

健康

引きこもり生活が原因で患った病気はいくつかある。

まずは不整脈

いわゆる期外収縮というやつで、心臓に変なタイミングで電気信号が送られてしまう病気。

以前、引きこもりすぎて自律神経がバグったことがあり、それをこじらせた末に発症した。

心臓がドックンと跳ねるような感じがして凄く不快。これが1日に数百回ぐらいある。

たまに心臓発作が起きるんじゃないかと凄く怖くなることがあるが、医者によると命に別状ないらしい。

でもまあ、多分一生付き合う病気になるような気がする。

そして

ろくに運動もせずに、1日中椅子に座っているので、なるべくしてなったとしか言いようがない。

いわゆる内核痔というやつで、たまに便器が真っ赤になるぐらいの血が吹き出ることがある。

1度医者に診てもらって「大したことない」と言われたので、多分大したことないんだろう。

痛みや不快感はほとんどないので、しばらく様子見することにする。

引きこもり生活 まとめ

色々ネガティブなことも書いたけど、体調管理さえしっかりできていれば引きこもり生活は悪くない。

一昔前なら引きこもって生活するなんてほぼ不可能だっただろうけど、今の時代なら望めば十分に可能な環境が整っている。

本当に引きこもりに優しい社会になったと思う。インターネット万歳。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする