引きこもりなのに忙しいだと・・・

apple-ipad-551502_640

最近やることが急に増えてきた。

扱う商品量も増えてきたので、納品作業にかかる時間も増えた。
ヤフーショッピングのアクセスがだいぶ増えてきたので、お客さんからやたらメールで質問が来るようになった。

それに加えて今月は「楽天市場」に出店したので、現在、開店準備に追われている。

開店するには、楽天の店舗運営テストを受けなければならなかったり、ページを作り込んで審査を受けなければならなかったり、思ったより時間がかかりそうだ。

また現在、物販以外にも1つ新しいプロジェクトを進めているので、それにも時間を割かなければならない。

ついこの前まで1日2時間ぐらいしか働いてなかったのに、最近は普通に1日5~6時間は働いている状態だ。

今はまだ大丈夫だが、いずれ事業規模がさらに大きくなってくると、一人でやっていけずにパンクしてしまうだろう。

そうなる前に対策を打たなくては。

作業効率を上げる

今の僕に求められているのは作業効率を上げることだ。

作業効率が2倍になれば、作業量は半分に減らせる。
もしくは今と同じ作業量で、事業規模を2倍にできる。

ではどうやって作業効率を上げていくのか。

無駄なことをしない

まずはこれだろう。

最近の自分を見つめ直してみると、暇さえあればソシャゲに没頭してしまっている。
「プレイしないとスタミナがもったいない...」とか考えて、毎日やってしまうのだ。

いつもやりながら「こんなことやってる場合じゃないのになあ...」と思うのだが、それでも止められない。

今はパズドラとメタスラアタックしかやってないが、もう思い切ってどちらか片方をアンインストールしようかと考えている。

仕事に関しても同じだ。
無駄な仕事はどんどん省いていきたい。

売上が気になって、1日に何回もチェックするのは時間の無駄でしかない。
メールのチェックも1日1回で十分だろう。
発送手続きも1日1回にまとめてやってしまいたい。

その他にも、自分を見つめていけばきっと無駄な作業が色々見つかると思う。

いきなり変えるのは無理だが、何も考えないよりはマシだ。
その辺を意識していけば、多分、気付かないうちに作業時間が圧縮されていくと思う。

お金で時間を買う

作業効率を上げる方法はまだある。

その1つは外注だ。
関連記事⇒ 外注化したいけど人付き合いは嫌だ!

他人に作業を任せる。
つまり、お金を使って時間を買うということだ。

外注ならバイトのように最低時給という概念がないので、時給200円ぐらいでも働いてくれる。
それで1時間当たり200円より大きな成果が出せるなら、普通なら雇わない理由はない。

ただ、僕は人付き合いが苦手なので、まずは人ではなくツールを使おうかとも考えている。

今、導入しようか迷ってるツールが1つある。
月額利用料が2万円ぐらいするのだが、在庫管理や、ヤフーショッピングや楽天での商品発送手続きを自動化できるのだ。

これを使えば、作業時間をかなり減らせるだろう。
2万円に見合う働きはしてくれそうなので、楽天の開店準備が終わったら導入しようと思う。

まとめ

急激に事業が成長したせいか、最近いいかげんに済ましてしまう部分が増えてきた。

特に経理関係。領収書の整理とか全然やってない...
確定申告のときに絶対苦労する...

あと国民健康保険料の支払いもすっかり忘れていた。
扶養家族を抜けたので国民健康保険に加入してきた

もう支払期限から2週間も過ぎてしまった。

他にも、ヤフオクで売れた商品を発送し忘れていて、お客さんに迷惑かけたり。
ボケボケなことが増えてきた。

他にも何か、やり忘れているのに気付いてないことがあるかもしれない。

しばらく事業を成長させることは忘れて、今ある問題を片付けることに集中しようと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする