今月の収入(2017年12月)

calculator-1818_640

嫌なことがある度に「物販辞めたい!」って思うけど、次の日になれば大抵どうでもよくなっている。

12月の収入

売上:374万1916円
利益:73万8895 円

無題

100万円目指してたけど全然ダメだった。
特に月初がダメダメ。

しかしクリスマス前(12月15日~23日ぐらい)の売れ行きは凄まじく、いつもの3~4倍ぐらいは売れてた。

月末はまた低迷。

全体の半分ぐらいをクリスマス前の1週間で稼いだ感じ。

アンダーバリューで税関に注意された

海外業者から10~20ドルぐらいの商品を300個ほど仕入れたのに、インボイスに全部1ドルと書かれて送られてきた。

ほんと何やってくれてんだ。この仕入れ先は...

価格が安いほど支払う関税なども安くなるので、もしこれでチェックにかからず通関できてたら、普通に脱税行為になっていたところだ。

税関から「正しい価格のインボイスを送付してくれ」とハガキで連絡が来たので、僕の連絡先を添えて送った。

その後、税関職員から電話がかかってきた。

荷物に同梱されてた書類の内容が、僕が送ったインボイスと全然違うとのこと。
どっちが正しいんだと聞かれた。

書かれている電話番号も違うとのこと。

僕は2つの電話番号を持っていて、仕入れ先と税関でそれぞれ違う番号を伝えていた。
なのでそのことだろうと思い、「両方私の番号です。2つ使ってて...」と答えた。

税関職員「じゃあどっちも使えるということで...?」
僕「はい」

しかし無事に通関が終わった後、荷物に添付されていた書類をよく見ると、思い切り間違った電話番号が記載されていた。

おそらく税関職員は、その番号に電話をかけたのだろう...
それで僕につながらなかったから、番号について聞いてきたんだろう...

「両方使えます」と答えてしまった...

完全に怪しまれただろう。

それだけじゃなく、電話での受け答えも、如何なくコミュ障発揮してチグハグになってしまったし。

税関にマークされてないか心配。...

仕入れ先には「次はちゃんとインボイスに正しい情報を記載して」とメール送っといた。
しかし返事がない。

仮想通貨がすごい

2017年で一番目を引いたのは、やっぱり仮想通貨の値上がり。

間違いなく人類史上最大の上昇相場。

誰でも簡単に億万長者になれる大チャンスだったんだろうけど、残念ながら僕は乗れなかった。

どの通貨が生き残るのかは僕には見当もつかないけど、仮想通貨やブロックチェーン技術は、社会の仕組みとして普及していくのだろう。

ちなみに2017年で一番値上がりした通貨はBitcoreで、値上がり率はなんと412万%

もし1万円でも買ってたら、4億円になってた。
凄い夢がある。

1月にやること

今月中に確定申告の準備を終わらせる。

2018年を本格始動する前に、邪魔な事務作業を片付けておきたい。

会計ソフトに取引を登録していく

・現金払いの取引を会計ソフトfreeeに登録しまくる。
・freeeに対応していないカードの明細を登録する。
・楽天の売上を登録する。

最近になって、MFクラウドなら楽天RMSにも対応していることを知った。
昔はできなかったような覚えがあるんだけど、最近対応したのだろうか?

ならfreeeも近いうちに楽天に対応してくれるかな?
MFクラウドに乗り換えようかどうしようか。

棚卸資産を算出する

これが一番面倒くさい。

普段使ってる在庫管理表では、在庫額をアバウトに算出している。

なので確定申告のために、1から全て正確に計算しなおさなくてはならない。

Amazonで在庫レポートをダウンロードして、それにFBAに入れてない在庫(自宅に保管している分や輸送途中のやつ)の個数を足していき、1SKUごとに最終原価法で算出していく。

2~300SKUぐらいあるので気が遠くなる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする