Amazonのアカウントを乗っ取られて超不安

最近かなり参ってること。

サブの購入アカウントを作ったところ、不正ログインされて乗っ取られてた。

一度も使ってないアカウントだしニックネームで登録してたので、乗っ取られたところで直接的な被害はないんだけど…

ただ乗っ取り犯が身元を隠しながらアカウントを犯罪利用して、僕が警察に疑われるパターンがメチャクチャ怖い

サイバー警察の誤認捜査の例を調べて凄く不安になってる。

登録するときに一応メインアカウントと紐付かないようにIPアドレス等は変えてたけど、そこまで念入りにやってたわけじゃないのでどこかで紐付いてると思う。

てか1回同じブラウザでログインしてしまったような気がするので、おそらくCookieで紐付いてる…

Cookieログが紐付くのはIPアドレスより同一人物である確度が高いので、警察が過去のログを調べたら僕が疑われてしまう可能性がある。

しかも下手にIPアドレスを変えたり、ニックネームを使ったりしてるので余計に怪しまれそう…

念のためにAmazonに連絡したけど、アカウントを取り返すことも閉鎖してもらうこともできなかった…(IP変えてて、ニックネーム、使用履歴なしのアカウントなので本人確認ができないからだと思う)

まあ閉鎖できたとしても、犯人がIPアドレスやブラウザを変えずに新アカウント作って悪い事したら結局それと間接的に紐付くので安心はできないんだけど…

せっかく仕事1年ぐらいサボってメンタル回復させてきたのに、ここに来て新たな不安のタネを作ってしまった…(しかも解決不能)

警察に高圧的に取り調べられて、ろくに受け答えできなくてますます疑われてしまう妄想が頭から離れなくて、1日中憂鬱な気分になっている…

あと仮想通貨のシードフレーズの写真を撮られたり押収されたりしたらかなり怖い。

警察に魔が差す人が一人でもいたら財産を抜き取られかねないし…(そういった意味で家宅捜索はweb3時代の最大のリスクだと思う)

脳の9割ぐらいがこういった不安に占められていて、何をやっても集中できないのでまた仕事サボるかもしれない…

Amazonがアクセスログをどのぐらいの期間保存してるかも分からないし、犯人がいつ犯罪に使うかも分からないので、一生警察に怯えながら生きることになりそうで困る。(犯罪に使われると決まったわけではないけど)

ほぼ大丈夫だとは思うけど確信を持てないのが辛すぎる…

不安だなあ

今回の件が起きるまではメンタルの調子が良くて、絶対的な安心感の中で生活することができていたのだが…一気に崩れてしまった。

時間が立てば徐々に不安を忘れていくだろうと思ったけど、ここ1か月以上まったく不安が薄れる気配がない。

「こんなことで悩むのは無駄だ」と「いや本当にそうなのか?」という気持ちがずっとせめぎ合っている。

起きてから寝るまで不安で、「ログはいつまで保管されるのか」とか答えのない疑問を神経質に検索しまくっていた。(そんなものは企業による)

もともと誰にも傷つけられたくなくて今の引きこもり生活を実現したのだけど、どう足掻いても役人だけは避けられないからなあ…

ズカズカと家に入り込まれる想像するだけで発狂しそうになる。

今後僕が何を築き上げても、全部台無しにされてしまうような虚しさを感じるようになってしまった。

癒やされたくてペットでも飼おうかと思ったけど、誤認逮捕されて20日拘留されてペットが餓死する妄想をしてしまって、「もう一生ペットは飼えない…」とか絶望したりもした。(こういう意味不明な絶望はよく発症するけどすぐ治まる)

何もやってないので物証は出てこないしほぼ逮捕はされないだろうけど…

しかし家宅捜索に入られるリスクがあるというだけで充分恐怖なんだよなあ…

まあネット上には都合の悪い情報がたくさん落ちてるので、変な情報を見ないようにしたほうがいいかも。

別に誤認捜査だけじゃなくても、もともと人は色んなリスクを抱えて生きてる。

病気、事故、暴力、貧困、家族の死、老後、この国の未来、自分の最後。

知識としては知っていることでも、その怖さはなかなか実感できない。

でもそのおかげで心の平穏を保っていられるのだ。

たまたま今は誤認捜査という恐怖が表に出てきてるだけで、遅かれ早かれ裏に引っ込むだろう。

そのためには悪い情報を反芻しないのが一番。(なかなか難しいけど)

不安を長引かせると、脳に刻み込まれてますます消えにくくなってしまう。

一人で生きていくのなら、自分のメンタルは自分で取り戻さないと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする