EMSで輸入した商品の関税額が間違ってた! 修正申告の仕方を解説

8597609828_ab32aba876_c

こんなニッチな記事を誰が読むんだろうか。

最近、過去の輸入書類を見直してみたところ、以前EMSで輸入した商品がかなり低い価格で申告されていたことが分かった。

アンダーバリューというやつ。

こちらに悪気がなくても、仕入れ先が勝手に変な価格で送ってくることもあるので、気を付けなければならない。

というわけで修正申告したいと思ったけど、やり方がよく分からない。

どこに依頼すればいいのか。

ネットで調べても全く情報が出てこない。

ちなみにDHLで輸入した荷物であれば、DHLに問い合わせればやってくれるみたい。

手数料は9500円。
http://www.dhl.co.jp/ja/express/customs_support/customs_services.html

なので、EMSの場合は郵便局に問い合わせればやってくれるかな?と思って連絡してみたけど、「税関に問い合わせてください」とのこと。

というわけで、課税通知書に書かれていた税関の電話番号に問い合わせてみた。

税関の人って怖いイメージがあったけど、すごく丁寧に対応してくれた。

状況を簡単に聞かれた後、ファックスで輸入票という書類を送ってきてくれた。

最初は自分で通関業者に依頼しなければならないと思ってたけど、EMSの場合は輸入票を提出すれば、税関が代わりに修正手続きをやってくれるみたい。

なのですごく楽。

輸入票の記入方法

そんなに難しくないと思うけど、迷いそうなところだけ解説していく。
gg

「②価格等」という欄
決済条件は、仕入れ先に送料込みの価格を支払った場合はC&Fになる。

なので大抵はC&Fになると思う。

「インボイス等の価格」という欄に送料込みの総額を記載すればよい。

「③分類等」という欄
特に厳密な書き方が決まっているわけではないので、相手に分かるように書けばOK。

「商品名」とあるけど、大まかなジャンルを書くだけでも大丈夫みたい。(少なくとも僕はそれで問題なかった)

例えばナイキのコットン製の帽子を仕入れたなら、商品名や型番をダラダラ書くのではなく、「帽子(コットン)」でいいと思う。

もちろん商品名を書いて、その下の説明欄に詳細を書いてもOK。

商品の材質を調べるのが少し面倒だと思うけど頑張るしかない。

Amazonの商品ページとかメーカーサイトとかで調べて、分からなければメーカーに質問してみる。

それでも分からなければ、日本で販売している他の業者に片っ端から質問。(できるだけ大手っぽいとこ)

また、商品を書く欄が4つしかないので、収まりきらない場合は別用紙に同じような表を自分で作って、そこに記入していけばOK。

僕の場合はそれで特に問題なかった。

輸入票の記入が終わったら、インボイスや課税通知書などと一緒にファックスで送り返す。

後日、税金の請求書が送られてくる。(僕の場合は10日ぐらい待った。)

あとはそれを支払えば完了。

思ったより簡単なので、アンダーバリューに気が付いたら迷わず申告するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする