コミュ障が初めて電話対応をすることになった

blogger-336371_960_720

僕のショップでは、基本的に電話対応はしていない。
ショップ説明にも「お問い合わせはメールでお願いします」と記載している

しかしごく稀にお客さんから電話がかかってくることがある。(月2回ぐらい)

そういう場合は、申し訳ないけど居留守を使わせてもらっている。
大抵そのあとメールで連絡してもらえるので、それに返信させてもらっている。

今までそれで特に問題が起きたことはなかった。

しかし今日、楽天でどうしても電話対応を避けられない事態になってしまった。

お客さんと思われる番号から電話がかかってきて、いつも通り居留守を使った。

しかしその後、楽天のサポートセンターからメールが送られてきたのだ。
「お客さんからこんな質問があったよ。電話での対応を希望されているので対応よろしく」とのこと。

ああマジか。メール対応という手段を封じられてしまった。
なぜ電話じゃないとダメなんだ...。

これでメールで対応してしまうと、運が悪ければクレームに発展してしまうかもしれない。

またお客さんが楽天サポートに連絡して、楽天から僕に警告が入るかもしれない。

下手すると退店させられるかもしれない。
プラットフォームには従順しかないのだ。

仕方なく電話をかけることにした

電話かけようと思うと、心臓がバクバク。不整脈がボコボコ出た。

一応リハーサルで発声練習してみたけど、声が震えまくってまともに喋れない。

とりあえず使いそうなフレーズをメモ帳に書きまくった。
それで30分ぐらい電話を構えて喋る練習をしてみた。

お客さんの電話番号を入力し、深呼吸して心臓の鼓動が落ち着いてきたところで、発信ボタンを押した。
発信ボタンを押すとまた心拍数が上がってきた。

プルルル...の音が怖い。

ガチャ

お客さん「はい」
僕「モシモシ。こちら、あの楽天いちゅ場○○店でスございます。」

早速噛んだ。

僕「あっ商品についてのご質問んん、」
お客さん「○○○ですけど、なんとかかんとか・・・なんかな」

・・・聞き取れなかった。

僕「・・・・あっすいまセン、あーー、もう一回ィお願い、して...」

もうこんなの嫌だ。ニートになりたい。
働かずに生きていけるようになりたい。
誰とも触れ合わずに生きていきたい。

多分そのために僕はお金を稼いでいるんだろう。

たくさんお金を稼げば、いつか働かなくて良くなる。
だからその日のために今は我慢して働くしかない。
(僕の持論では3000万あれば株で細々と暮らしていける。根拠はないけど、3000万貯めるというのが僕の当面の目標になっている)

話が逸れた。

とりあえず電話に出なかったことを軽く責められた。
申し訳ございません。をひたすら連呼。

質問については、事前に用意していた回答を朗読。
最後に「失礼します」と言って、相手が電話を切った後にこちらも切る。

・・・まあ思ったよりあっさり終わった。

活舌良く噛まずに喋ることはできなかったけど、ほぼ事前に用意していたテンプレ通りに進んだので、それほど大きな間違いは犯さなかったと思う。

しかし無事に終わって良かったという安堵もなく、メチャクチャ暗くなってる。

またこのお客さんから電話かかってきたらどうしよう、という不安。

また「これからも電話対応せざるを得ないことがあるんだろうか」と考えると、かなり憂鬱になってくる。

電話対応なんて絶対やらないつもりだったのに。
まさかこんなことになるなんて。

楽天の利用者は高齢の方がメインなので、メールを嫌がる方が多いのかもしれない。

コミュ障に電話対応は辛い

ヤバい。メンタル弱すぎる。
もう楽天出店を止めたくなるぐらい不安な気持ちになってる。
でも利益の半分ぐらいを楽天から得ているので、やめるわけにはいかない...

もう楽天は少しずつ縮小させて、自分のネットショップを育てる方向に行こうかな。

自社ショップなら電話対応するもしないも自由だし。
プラットフォームからあれこれ指示されることもない。

まあ今回の電話対応で、久々に強いストレスを感じられたので、これも良い経験だということで納得することにする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする